私が副業をはじめた理由

副業をはじめた理由

「これからは副業が当たり前の時代になる」
これは誰もが聞いたことある話だと思います。
大手企業も続々と副業OKになってきています。
そんな中でなぜ私が副業に踏み切ったのかその気持ちの変化を書いてみました。
副業考えてる方や収入を単純に増やしたい方に見てもらいあわよくば参考にしていただけると嬉しいです。



①転職をせずに収入を増やしたかった

当たり前のことですが収入が増えれば使えるお金が増えます。
別に何に使うってわけじゃなかったんですが周りより少しでも多く稼ぎたい、余裕を持ちたいという負けず嫌いな性格から副業を考えました。
またコロナ禍で収入を増やすために転職は厳しいと考えました。

②手に職をつけたかった

私の本業はサラリーマンなので目に見えるスキルはほとんど不要です。提案力や思考力、特に人間力?など基本的に測る人(主に上司)の匙加減で評価が決まり、ものさしが変われば評価も変わります。
そんな中で目に見えるスキルが欲しかったというのが副業を始めた理由の1つです。
スキルを持ってれば何かあったときも大丈夫そうですし、リスクヘッジの1つですね。

③個人の力で稼ぎたかった

②と近いですが副業のいいところでも厳しいところでもありますが、自身の実力がそのまま収入につながります。
会社にいると自身の力で稼ぐというよりは会社のサービスを使うことで収入を得る形になるかと思います。
時間でお金が貰えるか成果でお金が貰えるかも大きな違いの一つです。
会社の仕組みが嫌だというよりは、個の力で稼げるか試してみたかったというわけです。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
最初に書きましたがこれからは副業が当たり前の世の中になると思います。
会社に依存せず各々がそれぞれの働くスタイルを見つけていくと思っています。
少しでも興味があるならぜひチャレンジしてみてほしいです。
壁は思っているほど高くはありません。
私が力になれることならいくらでも力になります。
個人的にこれも1つの働き方改革(少し古いですかね)だと考えています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です