Pickup Youtuber

動物

地域猫に寄りそう。ねこかますさんと猫たちの生活。

こんな方におすすめ

  • 動物保護について知りたい方
  • 猫が心から好きな方
  • 動物の動画をよく見る方

公園と地域で暮らしている猫たちの普段の生活。そして、人の手によってどのような保護がされているのか。様々な情報がねこかますさんの動画には納められています。初めて猫を飼う方や、保護猫を譲り受けた方など、ねこかますさんたちの活動を見ていただけたらと思います。

 

動画投稿スタイル

ねこかますさんは基本的に喋ることはしません。たまに喋っている動画はありますが、字幕形式で自然の音を背景に動画を投稿しています。外出先では公園に居る猫たちや、地域猫たちとともに触れあったりしますが、家に帰ると病気の猫の看病や、傷ついた猫の保護を行っていることが多いです。包み隠さず、ありのままの猫たちの姿を撮影しているので、亡くなられる寸前の動画もあります。猫たちの生きた証、そこにいた記録を鮮明に残している方です。

 

ねこかますさんの家にいる猫たち

家で保護され、生活をしている猫たちは全員、保護された猫や地域猫のボスをしていた猫たちです。歳をとってしまい、地域では生活が厳しい猫や、オスの三毛猫でてんかん発作持ち、その他病気を持っている猫など、手厚い看護と看病を行いながら、猫たちにはゆっくりとした余生を送ってもらう環境を整えています。
保護猫の麿白ちゃんは宇宙猫と呼ばれ、動画ではねこかますさんのうちの看板猫のような存在です。不可解な変な動きと格好をし、まるで骨がないかのような奇妙な曲がり方をすることもありますが、きちんと元に戻ります。そんな猫ちゃんですが、2018年春に主猫の麿白ちゃんは腎不全が発覚し、現在は闘病生活を送っています。

 

公園・地域猫たちについて

公園と地域に居る猫たちは数が多く、全ての猫に対して去勢や避妊を行う活動をしています。よく、TNRという言葉を目にするかと思いますが、正式名称はTrap(トラップ)Neuter(ニューター)Return(リターン)です。ニューレターは不妊手術のことで、略語としてTNRと呼ばれています。

 

老化に伴う病気と、ねこかますさんの看病

猫は人よりも早く年をとるため、10歳を超えたあたりで高年齢を迎えます。そのため、段々と毛並みが悪くなり、内臓などにも病気がでてくることもしばしば増えるでしょう。
ねこかますさんは、地域で生活していた15歳の高年齢猫を保護したり、病気になってしまっている猫や傷ついたを保護しています。中にはオスの三毛猫(遺伝子的に生まることがない種類)がいますが、やはりてんかん発作持ちだったり、病気を持っていたりと非常に弱い個体です。それらを全て1人で見続けている姿は、並大抵の努力では成り立たないと思います。

 

おすすめ動画

【宇宙猫兄弟】保護猫1号、保護子猫を地震から身を挺して守る
My spacecat protected the rescued kitten

3年間待った野良猫の疲れを癒やす Rest of the ex-boss cat

 美少年オス三毛猫の膝上クセ凄ダンス

-動物
-

© 2023 ゆとりーマンの日常 Powered by AFFINGER5